« 蒸し暑い | トップページ | 買うんじゃなかった »

2016/06/26

対神戸戦:3位で折り返し

浦和3-1神戸
得点者
34分 興梠慎三
45+1分 興梠慎三
48分 レアンドロ
85分 梅崎 司
観衆 29,462人

この日、ゴール裏は“Pride of Urawa”でスタートしました。

試合ですが、テレ玉で中継があったので、雑感程度で。

前半思ったのは、神戸は引いてくることなく勝負してきた。
それでもフィニッシュまでの手数はレッズの方が多かったけど、なかなか決められない感じで推移。
前半33分、李がGKと接触しながらも興梠へパスを出し、それを興梠がヘディングで決めて、レッズが先制。最初、点が入ったかどうか北側のゴール裏からは怪しい感じでした。
前半アディショナルタイム、李からのパスを後ろから走りこんできた興梠が決めて2-0で前半折り返し。

ハーフタイム時、李が下がってズラタン投入。これって李が故障でもしたのかは不明ですが、少し心配。
後半2分、なんか集中しきれていないうちにレアンドロに決められて1点差に。
この後、神戸の猛攻が来ました。特に藤田のロングスローが驚異でした。(レッズにもああいうスローイングが出来る選手出てこないかな、とか思ってしまいました。)
後半15分、武藤に代えて青木を投入したのが良かったのか、神戸の攻撃が沈静化しました。
その後はレッズペースかな、比較的。
後半39分、駒井に代わって入った梅崎がPKをGET。そのPKを梅崎自身が決めて、事実上の試合終了。

なんとか首位鹿島に勝ち点差6の3位で折り返しとなりました。
17試合で勝ち点6を追い越すのは14勝しないと苦しいかも。
これから夏・秋を迎えるにあたって、ここからが勝負になりそうです。

|

« 蒸し暑い | トップページ | 買うんじゃなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒸し暑い | トップページ | 買うんじゃなかった »