« 飛行船 | トップページ | 映画『君の名は。』レビュー »

2016/09/11

対サガン鳥栖戦:課題多し

浦和2-0鳥栖
得点者
41分 宇賀神
44分 武藤
観衆 28,167人

P9100093
この試合、ゴール裏はアイーダでスタートしました。
それと久々にあのどでかいファミリー旗を広げました。あまり良い印象はないんですけど。

さて試合ですが、簡単に。
前半はレッズの方がチャンスは多かったです。
特に惜しかったのは21分の森脇のミドルシュート。あれはきれいな感じのショートだっただけにゴールしてほしかったです。
そんな中、前半41分、宇賀神がゴールポストに当てるくらいに狙いにいったシュートが見事に決まって1-0とレッズが先制し、その3分後、武藤が上手く動いてゴールを決めて2-0で試合を折り返しします。

後半も、レッズの方がチャンスが多かったような気がします。
そんな中で気になったプレイが1つ。
後半17分、ズラタンと高木の2枚替えで入った興梠と李。その李です。後半32分、絶好機のシュートを外しがやりました。何やってんだか!!こういうのを外すから、本当に勝負所で負けるんですよ、マジで。
このプレイを見たときに、先発メンバーで興梠・武藤・李ではなく、ズラタン・武藤・高木で臨んだかがわかりました。やっぱり調子が上向きの選手を最初から使った方が良いですよね。


P9100101

完封勝ちしました。
良いことだとは思いますが、今後に課題は残る試合だったと思います。

|

« 飛行船 | トップページ | 映画『君の名は。』レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛行船 | トップページ | 映画『君の名は。』レビュー »