« 決戦 | トップページ | メダパニ »

2016/12/04

チャンピオンシップ決勝第2戦対鹿島戦:結局、勝負弱い

浦和1-2鹿島
得点者
7分 興梠慎三
40分 金崎夢生
79分 金崎夢生
観衆 59,837人

Pc030028
開始7分で興梠が得点を決めたときには、この試合勝ったと思っていました。
ところが、選手の動きが徐々に固くなっていくのがわかりました。
前半22分くらいに興梠が痛めてピッチの外に出たあたりからからでしょうか。
なんか上手く行かないような印象を受けました。
そうしたら金崎がヘディングで同点弾を決め込みました。
正直、この失点は前半だから、ミシャ監督の指示でなんとか持ちこたえてくれると思いました。

ただ、後半も動きが固いのは変わらなかった感じです。
そんな中、後半33分、槙野が仕方なくペナルティーエリア内でファールで止めてPK献上。
金崎にそのPKを決められて逆転です。
その後、レッズがパワープレイを仕掛けますが、万事休す。

Pc030033

結局、最後の最後で勝負弱いレッズが露呈しましたね。
非常に残念です。

今回、サポートで上手く選手を後押しできたのかも非常に疑問に思ってしまいました。
もう少しまとまってサポートできたんじゃないかな、と。

少し疲れました。

|

« 決戦 | トップページ | メダパニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦 | トップページ | メダパニ »