« 2016年11月27日 - 2016年12月3日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »

2016/12/10

レンタル延長

湘南ベルマーレにレンタル移籍している山田直輝選手。
なんだかレンタルが延長になるようです。
現時点で戻ってきても、直輝が試合に出られるかどうかは微妙ですから。
それだったら、J2でも試合に出場した方が良いかと思うので。
しかし直輝も若手の部類ではなくなってきましたよね。

| | コメント (0)

2016/12/09

トライアウトに

今回、フクダ電子アリーナにてトライアウトが行なわれるとのこと。
その中に、盛田剛平が参加しているとのこと。
1999年、利き足は頭、というフレーズとともに浦和レッズにFWとして加入した盛田。
99年、2000年とことごとくチャンスを外した盛田。その後、移籍してDFになった盛田。
なんだかんだ言って、注目していた盛田選手。
もう40歳なんですね。
今後、サッカー選手として活躍できる場をこのトライアウトで開拓してほしいです。

| | コメント (0)

2016/12/08

12月7日発表:移籍情報

本日オフィシャルのHPに掲載された移籍情報をまとめます。

レンタルで神戸に行っていたDF橋本がそのまま神戸に完全移籍します。
育成型移籍で鳥取にいていたGK福島が浦和にレンタルバックします。
ジェフ市原・千葉にいるFWオナイウ阿道が浦和に完全移籍で加入します。
新潟にいるFWラファエル・シルバが浦和に完全移籍で加入します。

4選手の動きがありました。1人出て、3人加入。
橋本の動きは当然です。やっぱり試合に出られないよりも試合に出れるチームの方が良いだろうし、ミシャサッカーに合わなかったから、仕方ないのかなと。
福島選手はTOPでプレイを見ていないので何とも言えませんが、大谷が移籍するという噂があるので、層を厚くするという意味では良いのでは。
オナイウとラファエル・シルバの完全移籍について。ラファエル・シルバに関しては噂があったので、噂通りなんだというところです。しかしオナイウに関しては少々驚いています。こんだけFW陣が厚いのにどこまで厚くするのか。というか、オナイウが来て試合に出られるのか疑問です。

こうなるとDFの補強が気になります。攻撃陣よりも守備陣を補強してほしいです。
2007年の阿部勇樹クラスの移籍はないでしょうけど。

| | コメント (0)

2016/12/07

斜めに見過ぎかな

なんだか経済産業省が主導した検討委員会で温泉マークの変更するようでしたが、一転変更せずに現在のマークのまま存続しそうです。
外国人にわかりやすくするというよりも、この変更で儲かる人がいるから変更する、という方向にしたのかとも勘ぐってしまいます。
なんかこんな斜めの見方は良くないですね。これもあの敗戦が尾を引いているのかも。

| | コメント (0)

2016/12/06

移籍情報

なんだか槙野に広州恒大からオファーが来ているようです。
それも年棒は言い値で良いとのこと。
破格の条件ですので、ご一考するのも良いのではないでしょうか。
また直輝には湘南と甲府から声がかかっているし、永田にはガスから声がかかっているらしいです。
どうなるかよくわかりませんが、レッズにとって良い方向に進むことを期待します。

| | コメント (0)

2016/12/05

M-1グランプリ2016:雑感

銀シャリは確かに優勝に値するいい漫才をやっていました。
でも自分的に1番面白かったのは、スリムクラブのネタでした。
その次にはまったのがハライチだったかな。
自分のお笑いの軸って、少しずれているのかな?
審査員も難しいと思うので、何とも言えませんがね。

| | コメント (0)

2016/12/04

メダパニ

一晩おきましたが、無念さが募るばかりです。

1つ1つのプレイをあげたらきりがないのですが、いくつかあげさせてください。

1つ目。
槙野がPKを献上したシーン。
今シーズン、GKの西川はPKを1回しか止めていません。それを考えるとあそこでファールしてまで、止める必要があったのか、ということ。まあ、DFとして、あの場面は自分が止めないと、という気持ちになっちゃうのはわかるのですが。
2つ目。
後半16分に関根に代えて駒井を投入したこと。そして後半26分に興梠に代えてズラタンを投入したこと。
まだ関根が左に回って、宇賀神を下げるのならわかりますが、なぜ関根だったのか。
またズラタン投入のタイミングは早すぎやしませんか。
3つ目。
ズラタン投入のタイミングもそうですが、ベンチが、いやミシャ監督が焦り過ぎていたような気がします。
というよりも、なんかもう少しカードの切り方あったんじゃないかと思われます。
監督がテンパっていたら、ピッチの選手はもっとテンパるわけですよ。
ドラクエでいうところのメダパニの呪文にやられちゃいます。
Pc030035

全く持って負け犬根性丸出しのダメ出しです。

自分たちはゴール裏でしっかりサポートできたのか、選手たちを上手く乗せることができたのか。
というとそんなことないと思います。
自分達も年間勝ち点1位というポジションに安堵していた、チャンピオンシップ第1戦で勝って埼スタに戻ってきたという気持ちが多分にあり、まあ勝つんじゃないかと。そして前半7分で先制しちゃったから、その緩んだ空気ができちゃったんじゃないか。
Pc030036

興行的な色彩が強すぎる今回のチャンピオンシップですが、現実としてしっかり受け止めないといけません。
6万人近く入ったスタジアムが、選手たちが挨拶行くときには半分以上が席を離れていました。
そうなりますわな・・・。

この長いオフシーズンを上手く使って、来シーズンに向かっていってほしいです。

今シーズン、選手の皆様、チームスタッフの皆様、お疲れ様でした。


| | コメント (0)

チャンピオンシップ決勝第2戦対鹿島戦:結局、勝負弱い

浦和1-2鹿島
得点者
7分 興梠慎三
40分 金崎夢生
79分 金崎夢生
観衆 59,837人

Pc030028
開始7分で興梠が得点を決めたときには、この試合勝ったと思っていました。
ところが、選手の動きが徐々に固くなっていくのがわかりました。
前半22分くらいに興梠が痛めてピッチの外に出たあたりからからでしょうか。
なんか上手く行かないような印象を受けました。
そうしたら金崎がヘディングで同点弾を決め込みました。
正直、この失点は前半だから、ミシャ監督の指示でなんとか持ちこたえてくれると思いました。

ただ、後半も動きが固いのは変わらなかった感じです。
そんな中、後半33分、槙野が仕方なくペナルティーエリア内でファールで止めてPK献上。
金崎にそのPKを決められて逆転です。
その後、レッズがパワープレイを仕掛けますが、万事休す。

Pc030033

結局、最後の最後で勝負弱いレッズが露呈しましたね。
非常に残念です。

今回、サポートで上手く選手を後押しできたのかも非常に疑問に思ってしまいました。
もう少しまとまってサポートできたんじゃないかな、と。

少し疲れました。

| | コメント (0)

« 2016年11月27日 - 2016年12月3日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »