« DMM日本総合審査組合 | トップページ | 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 »

2017/04/07

対仙台戦:大勝

浦和7-0仙台
得点者
20分 興梠慎三
27分 興梠慎三
29分 武藤雄樹
45+2分 興梠慎三
47分 李 忠成
65分 オウンゴール
90+2分 柏木陽介

今回は帰宅途中、電車内でDAZN観戦。

この試合、言いたいことがあとから出てきそうです。
そんな中でも、本日中に言いたいことを3つに絞ろうと思います。

まず1つ目。
攻撃陣が好調でした。
この試合、興梠が前半だけでハットトリック達成。圧巻でした。
前半20分、関根からのクロス(これが切り返して良いもの)を興梠がヘディングで先制。
2点目のふかすかも、と思われた得点、4得点目のPKといい、調子は良かったと思います。
武藤の3点目も良いゴールでしたし、李のゴールは完全に仙台の後半へかける思いをしっかりとへし折った良いものでした。

2つ目。
今シーズンのリーグ戦、しっかり無失点で抑えたこと。
危ない場面も見られましたが、西川をはじめとする守備陣が守り抜いてくれました。文化シャッター様もご満悦のことだと思います。

最後に3つ目。
関根が前半40分に負傷交代したことが、非常に気になります。
あれだけキレキレの動きをしていたので、そんなに休まずに復帰できるかが気になります。

大勝した後の次の試合が重要です。
しょっぱい試合にならないようにしてほしいです。

|

« DMM日本総合審査組合 | トップページ | 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DMM日本総合審査組合 | トップページ | 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 »