« 対仙台戦:大勝 | トップページ | ポテトチップス危機 »

2017/04/09

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

今回も4DX版で見てきました、攻殻機動隊の実写映画。

描かれている世界観はブレードランナーに近い感じがいました。強力ワカモトのCMこそやっていませんでしたが、似たような立体映像のCMが街角で流れているところとかが似ていました。

ストーリー的には原作やアニメとは多少異なりました。
でも単発の映画としては良い方だと思います。
今の技術で実写でできる最大限頑張った感じが出ていました。

それよりも何よりも、やっぱり攻殻機動隊シリーズはアニメで嵌まった自分としては、少佐は田中敦子、バトーは大塚明夫、トグサは山寺宏一じゃないとスッキリ来ないので、今回は吹き替え版を見て正解だったと思います。
それがあったから、攻殻の世界観に浸れたなんでしょう。

続編ができてもおかしくない展開で終わりにしていました。

|

« 対仙台戦:大勝 | トップページ | ポテトチップス危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対仙台戦:大勝 | トップページ | ポテトチップス危機 »