« 大一番 | トップページ | エルゴラッソのMOM »

2017/10/19

ACL準決勝第2戦・対上海戦:THIS IS URAWA

浦和1-0上海上港
得点者
11分 ラファエル シルバ
観衆 44,357人

Pa180031
今シーズン、90分の試合が一番短く感じた試合でした。
確かに3時間以上も前に列に並んで、北側ゴール裏の自由席を確保してからキックオフ時間を待つ、ということがなかったからかもしれませんが。

いつもの待ち時間がなかったから短く感じたわけではないと思います。いい試合をしたと思います。
今シーズンのベストマッチでしょう。

特にそのベストマッチにしてくれたのは、DFの槙野だったと思います。MOMはあの後半33分(だったかな)、西川がはじいたボールを蹴りだして、勝利に貢献した阿部なのは重々わかります。でもこの試合の槙野は違いました。いつもとは違い、無理に上がらない、プレイ中に歩かない、集中を欠くようなポカをしない、という良い状態に仕上がっていました。神戸戦においてベンチ入りもさせなかったのが良かったのでしょうか。槙野の出来は今シーズン、最高だったと思います。フッキを抑えるという大役、よくぞ果たしたと思います。
それと11分で先制できたのも大きかった。まさか最初のCKで柏木→ラファのヘッドで決まるとは。なかなか出来ないでしょ。その先制点をあげたラファも後半途中でスタミナ切れ。守備が出来ない部分もありますが、これまた重要な役割を果たしたと思います。
最大の要因は、ポゼッションされても焦らずに上海の攻撃に全員で対応し、そして無失点で抑えたことでしょう。リグ戦なら、文化シャッターが大活躍する試合内容。逆に焦っていたのは上海の方で、前半CKを蹴る際に、北側ゴール裏をあおっていたフッキ。そのフッキが後半になってドロップボールをマナーとしてはレッズに返すところを、そのまま上海ボールしてプレイしていましたから。
無失点試合は8月15日のシェペコエンセ戦以来のことです。

Pa180041

試合開始前の“THIS IS URAWA”のヴィジュアルに恥じない試合をしてくれた選手たちに感謝します。

最後に残された最大のタイトルです。悔いのないようしっかりサポートします。

|

« 大一番 | トップページ | エルゴラッソのMOM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大一番 | トップページ | エルゴラッソのMOM »