« 寒い | トップページ | 7と5 »

2017/11/19

ACL決勝1STレグ対アルヒラル戦:よく耐えた

アルヒラル1-1浦和
得点者
7分 ラファエルシルバ
37分 ハルビン

この試合、宇賀神が先発で左サイド。この大一番で宇賀神の左サイド。正直大丈夫かと思ってしまいました。
そしてアルヒラルの攻撃方法で多かったのは右からの崩し・・・。それでもなんとか凌いだのは大きい気がします。

前半7分、ラファが左サイドを突破し、シュートしますが、それをはじかれますが、その位置に詰めていたラファが再びシュートが決まってゴール、先制します。
その後は防戦一方に。前半23分、32分とビックチャンスを作られますが、これを西川がファインセーブ。良く守ったと思います。しかし、前半37分、77番のハルビンに決められて同点にされてしまいます。この失点はDF陣の枚数が足りていただけに非常に残念でした。前半45分、かなりのビックチャンスを作られましたが、なんとか凌ぎ切って前半終了。

後半開始前、ゴール裏からは「歌え浦和を愛するなら」が聞こえてきました。
後半も一方的なアルヒラルペースでした。本当に苦しい感じです。それそのはず、セカンドボールがとるのが難しいんですから。
ただ後半30分過ぎ辺りから、アルヒラルの選手がかなり疲れてきたのか、少しはレッズも盛り返すことが出来たかと思います。それでもシュートまで持っていけるシーンは少なかったですけど。
シュートまで持っていけなかったのは、後半19分にラファが負傷交代してしまったからでしょうか。

ともかく1-1の引き分けで帰ってこれるのは大きいです。その1失点に抑えた西川がMOMだと思います。代表に戻れるくらいにコンディションが回復したのが良かったのではないでしょうか。

11月25日は埼スタ。タイトル獲りましょう。

|

« 寒い | トップページ | 7と5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い | トップページ | 7と5 »