« 直輝、復帰!! | トップページ | 虚脱感 »

2017/12/10

CWC:対アルジャジーラ戦:残念な終盤

アルジャジーラ1-0浦和
得点者
52分 アリ マブフート

前半のレッズペースの時に得点ができなかったことが敗因だと思います。
そもそも先発メンバーにも疑問がありまして、長澤ではなく矢島を先発させたことが引っ掛かります。長澤は現地入りして調子を落としたんでしょうか。それともあまり勝つ気がなかったのでしょうか。
真意はわかりません。
前半は良かったと思います。
先制するチャンスはしっかりありました。ただゴールが決められないんじゃ意味がないんです。
あの興梠の外したシュートは残念でしかないです。

しかし、後半7分のカウンター一発で負けてしまったのは痛いです。
まあ、ああなっちゃうと仕方がないところなんでしょうね。
勝ち越されたあともなんだかなー、という感じでした。
武藤の代わりに入った高木が上手く機能していなかった感じです。
それを言えば、ズラタンも機能していたとは言えませんけどね。

最終節の埼スタでも、「勝てばレアル・マドリーと試合」とか浮かれた声が聞こえてきましたが、こういう慢心に近い気持ちがこういう結果になっちゃったのかもしれません。

なんか残念なシーズン終盤になりそうです。

|

« 直輝、復帰!! | トップページ | 虚脱感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直輝、復帰!! | トップページ | 虚脱感 »