« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/30

大丈夫か

日本が決勝トーナメントに進みましたが、大丈夫かと思うことが2つあります。
1つ目は、ベルギー相手にどこまで善戦できるかです。
今までの戦い方を見る限り、ベルギーかなり強そうです。
どのような策を西野監督をはじめスタッフの方々が練ってくるか興味があります。まさか、無策で突っ込むようなことはないと思っていますから。
2つ目は、日本代表に関係ないのですが、ポーランド戦で実況を担当したフジテレビの西岡アナです。
FIFAランキングをやたら持ち出したり、引き分け以上で決勝トーナメントを連呼したり。
もう少し、落ち着いてやってほしいかった。青島アナの方が良かったのでは。

| | コメント (0)

2018/06/29

なんだかなーby阿藤海

日本はポーランドに負けて、セネガルはコロンビアに負けました。
それも同じスコアーの1-0で。
なんだかフェアープレイポイントなるのもので、かろうじて日本が2位通過。
決勝トーナメント進出です。
試合終了間際のボール回しと自分のフジとNHKのチャンネル切り替えでハラハラしました。
なんだかなー、という印象しかありません。
そもそもグループリーグの試合を楽しめるとは思わなかったので、それはそれで上出来でしょうが、ポーランド戦はこのメンバーで勝ち点をとれると踏んでいたはずなので、西野監督の策は失敗だった、と言い切りたいです。
大迫、乾、長谷部を休ませることが出来なかったのも、この後の試合に響かなきゃ良い、と思っています。
イングランドかベルギーとの決勝トーナメント1回戦。どちらも楽な相手ではなさそうです。

| | コメント (0)

2018/06/28

ドイツ敗退

あれだけシュートしていても、結局ゴールしないとダメなんですよね。
今大会のドイツは残念でした。
メキシコに負けちゃったのが、そもそもケチのつけはじめなんでしょうけど。
しかし、前回優勝国がパッとしない成績で終わっちゃうジンクスは消えませんでした。
それだけ、難しいでしょう、現代サッカーは。

優勝予想、外しちゃいました。

| | コメント (0)

2018/06/27

残った

アルゼンチンが残りました。
結構ギリギリな感じにはなりましたが。
やっぱりメッシはまだ消えちゃいけない、というところでしょうか。
ただ、決勝トーナメント1回戦はフランスと。
なかなか厳しい感じになっていますね。

しかしマラドーナ、大丈夫ですか?
興奮しずぎて救急車はまずいですよ。

| | コメント (0)

2018/06/26

キャプテン翼8巻

この前のセネガル戦で日本が上手く決めたオフサイドトラップ。
その場面が、あまりにも綺麗だったので、キャプテン翼の8巻で描かれている南葛SC対武蔵FC戦、前半での場面に似ていると評価されています。
武蔵FCといえば、小学6年生なのにファンクラブがあった三杉淳率いるチームです。
いやー、懐かしいです。
そうするとそろそろ本格的なドライブシュートを決めてくれる選手が出てきてもいいような気が・・・。

| | コメント (0)

暑い

もう猛暑日ですか。
6月26日とか27日でこれですから。
ここからずっと続くとは思いませんが、本番の7月8月にはどうなっちゃうのかな・・・。
それを思うと気がめいります。

| | コメント (0)

2018/06/25

妥当な結果

日本対セネガル戦。
離されては追いつく、また離されては追いつくという展開。
前半は川島のパンチング。あれはミスといってもいいような感じ。
それでも左サイドからの長友からの乾のシュートで決めきりました。
日本は後半、大迫と乾の決定機を決められなかったのが痛かった。
あのうち1本が決められていれば、勝てた試合です。その後、決められてしまったのは計算外だったでしょう。セネガルはビルドアップが上手く行っていなかっただけに。
それでも本田が同点ゴールを決めたのは大きかったです。
まあ、妥当な結果でしょうね、この試合は。

ともかく、これで1勝1分けの勝ち点4。
28日の木曜日は大事な試合になっちゃいました。しっかり勝ちましょう。

| | コメント (0)

2018/06/24

結局、勝つ

ドイツは強いのは最終的に勝つからですね。
今回の対スウェーデン戦、引き分けが良いところかと思いました。
ところが後半アディショナルタイムにしっかり勝ち越す。
そこが違うんでしょう、他の国とは。勝者のメンタリティーがあるってことなんでしょう。
レッズにも根付かないかな。

| | コメント (0)

2018/06/23

グループリーグ敗退危機

前回大会準優勝のアルゼンチンが苦しんでいます。
メッシが不発なためか、クロアチアに完敗。GKのミスは問題外ですが。
グループリーグ突破が難しくなっています。
マラドーナが泣いていたのが印象的。
このままで終わっちゃうのかな。

| | コメント (0)

2018/06/21

直輝とナバウト

直輝がトレーニング中に骨折。
全治4カ月。今季復帰は難しそう。直輝は故障がちなのが残念です。
ナバウトも試合中に右肩脱臼。
7月中旬には戻ってこれるのかな。
どちらの選手も心配です。

| | コメント (0)

2018/06/20

つけ

ここにきて、仕事関係のつけを支払っている感じです。
暫く楽していたから、仕事自体が結構体に応えます。
まだ週の半分が終わったところ。
いやー、大変です。

| | コメント (0)

2018/06/19

謝罪

サッカーというスポーツを真剣に見始めて24年近くになります。
それでもジャイアントキリングなるものをかなり見てきましたが、まさか自分が応援するチームが成し遂げることはなかなかないことです。
そのジャイアントキリングを日本が実現するとは。
ゲーム序盤で非常にラッキーなことがあったのは間違いないです。
でも、結果をしっかり残したのは大きいです。
なので謝罪します。
まずは西野監督、代表メンバー、スタッフの方々。最初から勝てないだろうと思っていたこと、申し訳ございませんでした。このメンバーなら、もっと若いメンバーを選出してほしいなんて思っていたこと、ごめんなさい。
そしてハリル監督から西野監督に代えた日本サッカー協会強化部の方々に、謝罪いたします。あなたたちを脳無呼ばわりしたこと、申し訳ございませんでした。

次回はセネガル戦。しっかり闘っていきましょう。まだ決勝トーナメントに進んでいないので。

| | コメント (0)

2018/06/18

大阪の地震

6月18日、大阪にてちょっと大きな地震発生。
知り合いから特に連絡が来ていないので大丈夫かと思いますが、大丈夫でしょうか。
自然災害はどうしようもないからな・・・。

| | コメント (0)

2018/06/17

メッシは輝けないのか

アルゼンチン対アイスランド戦。
アイスランドは守備が凄く良かったです。なんとかアルゼンチンの攻撃陣を食い止めようというのが感じられましたし、実際1失点で抑えたのは上出来です。
そのアルゼンチンの攻撃陣を引っ張っていたメッシ。メッシはバルセロナでは輝いていますが、アルゼンチン代表となると、輝ききれません。やっぱりバルサみたいにメッシありき動いているチームじゃない、ということなのかな。
メッシ自身もPK止められて、その後空回りしていましたからね。本人が一番分かっているかもしれません、空回りした理由は。

| | コメント (0)

2018/06/16

レベル高っ!

スペイン対ポルトガルの試合をじっくり見させていただきました。
レベルの高い試合を見て、唖然としております。
スペインのコスタが決めた1点目のゴールといい、ナチョの抑えたボレーシュートといい、3-3に追いついたC・ロナウドのFKといい、こんな試合を2日目から見れるとは。
ヨーロッパのTOPはこのレベルなんですね。
それと今の主流はポゼッションよりも、個が強い感じのカウンターなんですか、良くわかりませんが。ポルトガルがカウンターサッカー展開していたので。
最後、C・ロナウドが足を気にして倒れていたシーンが気になります。

| | コメント (0)

2018/06/15

地元って強い

開幕ゲーム、ロシアが圧勝しました。
やっぱり地元は強いです。地の利がある分、良い感じなんでしょうね。
2得点目が非常に良かったです。
それに対して、サウジが・・・。
アジア地区はあんな感じになっちゃうのかな。いろいろと心配です。

| | コメント (0)

2018/06/14

優勝国予想

今回のワールドカップ、優勝国の自分の本命はドイツ。
ドイツは選手層が厚いので、多少のトラブルも何とかしてしまうでしょう、たぶん。
対抗はスペインかな。イニエスタが最後の代表選出で奮起して優勝までして、ヴィッセルに来ればJも盛り上がるので。
穴はブラジルかアルゼンチンで悩みましたが、ブラジルを入れます。ただ、ヨーロッパでの大会で南米勢が勝つのは難しいので。
こんな感じです。
いよいよ今夜始まります。ロシア大会。

| | コメント (0)

2018/06/13

光明なのか

パラグアイ戦で、西野監督になってから初勝利となった日本代表。
この勝利自体が光明になるのかどうか。
確かにワールドカップに出ないパラグアイ相手に善戦しても意味がないかもしれません。
ただ、西野監督が純粋にコンディションが良い選手をピックアップし、試合をするという思いが固まったなら、それだけでも良いと思います。
変な忖度が働かないことを切に願います。

| | コメント (0)

2018/06/12

監督の差なの

9日に行われた甲府とのセカンドレグ。
エルゴラッソに評価が載っていました。
一番に目が行ったのがそれぞれの監督の評価でした。
オリベイラ監督の評点が5に対して、甲府の上野監督の評点が7でした。
これは2戦トータルの評価がそういう評価になったのでしょう。
監督の差、というよりもルヴァンカップに対する監督の考えで差が出たと思っています。少し負け惜しみかな。

| | コメント (0)

2018/06/11

PK戦、やり直し

先週水曜日の天皇杯、名古屋対奈良クラブのPK戦にて、競技規定ミスがあり、PK戦を後日やり直すということになったとのこと。
現在の競技規則だと、PKでフェイント入れると、フェイントを入れた選手は警告となり、キック自体は失敗と扱われるそうです。それを主審は警告を与えずにキックのやり直しをさせたとのこと。
知らなかったです、この規定。
この問題を指摘したのが、3級審判資格を持つ一般人というのも興味深いところです。
てっきり、名古屋の関係者がおかしいと言ってきたのかと思っていましたから。
なんだかんだ言っても、審判は大変ですよね。

| | コメント (0)

2018/06/10

ルヴァンカッププレーオフ第2戦対甲府戦:ルヴァンカップ終了

浦和2-1甲府
得点者
19分 興梠
24分 興梠
27分 小塚
観衆 22,664人

P6090018
どうしても2-0にしてからじゃないと始まらない試合。そんな状況下で、興梠が個人技に近い形で2点取ったのは素晴らしかった。
19分のミドルシュートなんて、決まるとは思わなかったですから。そして24分のペナルティーエリア内での切り返してのシュートも流石は興梠と思わせるものでした。
ただ、その3分後にクリアーしきれずに失点したのが痛かったです。

それでも選手の気持ち自体は折れていなかったと思いますし、良く戦っていました。1人を除いて。
あのマルティノスとかいう選手。この試合、何しに出て来たの?走らない、球際で競り合わない、試合に集中していないと思われるくらい動きが悪い、こんな選手を出した監督の責任を問われても仕方がないと思います。そんなオリヴェイラ監督はコンディション不良という言葉で説明していましたが、あんなにも動けないポンコツ状態の選手よりも荻原や武富あたりを使った方がよっぽど良いのではないでしょうか。この試合だけではなく中断前の前半戦で見る限りでは、このマルティノスの補強は完全に失敗であり、お金の無駄遣いでした。
ゴール裏からも、11番に対してのバッシングは凄かったです。もう余程のことがない限り、試合に出さなくて良いのではないでしょうか。後半開始時ではなく、前半30分くらいに懲罰の意味も込めて、交代で良かったくらいです。
ホント、このクラブは外国人補強は上手く行かないですね。(わかりきったことですが。)

あと日刊スポーツの記事で気になったことを柏木が言っています。
浦和柏木が吐露「今はミシャのサッカーじゃない」
イージーなミスが多く、ミシャサッカーのイメージが残っていて上手く行かないと。
これを脱却させるのは監督の仕事なのでしょう。オリベイラ監督もやることが多く大変だとは思いますが、なんとか切り替えを行なってください。

P6090022
これで今シーズンのルヴァンカップは終了。それも甲府に下剋上されるというなかなか屈辱的なカタチで。
やっぱり1週間前に完敗したのが、このような結果にしてしまったんでしょう。

決勝の予定日はどこか旅行でも行きますか。

| | コメント (0)

2018/06/09

残念

1週間でここまで持ち直したのは評価できます。
ただ1週間前の失敗をリカバーできなかったのは残念です。
残念ついでに、あの浦和の11番。なんなんだよ。クビか。
明日にでも、まとめます。

| | コメント (0)

スイス対日本:やっぱり

強化試合とはいえ、この結果はやはり堪えます。
久々にフルで代表選を見ましたが、攻撃のカタチが出来ていない、というかTOP下である本田がボランチのポジション付近まで下がってボールを触りに行く場面が散見されたのが、残念でした。
1失点目は相手のスピードにやられてのPKでしたから、仕方はないかもしれません。ただ2失点目はこちらのCKからのカウンター。完全にやられちゃいけないものです。
セットプレーはこちら側でもチャンスではなくピンチになっています。
これは厳しい現実を突きつけられそうです。

| | コメント (0)

2018/06/07

テンションが上がらない

あと1週間ほどでワールドカップが開幕します。
自分だけなのかもしれませんが、テンションが上がりません。
非常に残念です。いつもだったら、こんなことはないような気がしますが。
やっぱり日本代表のふがいなさが効いているのかな。

| | コメント (0)

2018/06/06

内容はともあれ

天皇杯2回戦の対YS横浜戦。
TV中継は見られなかったので、今回はいろんなところの書き込みを見ながら状況観察。
なんかしょっぱい試合のようですが、勝ったことは大きいです。
まあ、オウンゴールやらPKでも得点は得点。勝利は勝利。
今シーズンは天皇杯決勝が12月24日まので、そこまで楽しませていただけそうかな・・・。

| | コメント (0)

2018/06/05

最近

PCのメールに良くわからない女の子からメールが着ます。
ただ、ラインがどたっらこったら書いてあるのですが、わたくしラインやっていないんです。
残念ながら。
だから引っ掛かりません。
もう少し、リサーチしてほしいです。

| | コメント (0)

2018/06/04

当然の評価

エルゴラッソでの甲府戦における評価。
まあ、評点は軒並み5か5.5。
当然といえば当然の結果ですよね。
そんな中でも興梠・李・武藤のKLMが全員5点。
水曜日の天皇杯なり、土曜日のHOME甲府戦での奮起を期待します。

| | コメント (0)

2018/06/03

7年ぶり

レッズが甲府に負けたのって7年ぶりらしいです。
あのとき?まだ国立が取り壊される前のときかな?
まあ、そんな、昔話はどーでもよくて、このままではなんとなく希望が見いだせない閉塞感が漂い始めないか心配です。
天皇杯やセカンドレグでなんとかはじき返してほしいです。

| | コメント (0)

2018/06/02

ルヴァンカッププレーオフ対甲府戦:完敗

甲府2-0浦和
得点者
37分 今津
51分 小塚

今回はフジテレビONEでTV観戦。
興梠がキャプテンなんか珍しい、とか思いながら観戦しました。

もうこの試合の感想は、完敗のボロ負けしかないです。
まあ、甲府の連動した攻撃に守備もバタバタの後手後手になっていました。これって2部練習の疲れが上手く抜けていないからですか。
それ以上に悪かったのは、攻撃。
というか攻撃のカタチをなしていない!柏木がいないとパスの出し手がいないからか、まったくもって前線の攻撃が出来ていないです。攻撃の怖さがないから、甲府に良いようにされている感じでした。
今まで柏木が出なかったルヴァンカップなんかは直輝が出場していましたが、直輝を使う気はオリヴェイラ監督にはないのかも・・・。

ここまで何もできないと、ベンチワークも何もないんじゃないですかね。
メンバー交代で驚いたのは、李に代わって出場した森脇がディフェンスライン(というか右サイド)ではなく、ボランチに入ったこと。あの高い位置での森脇は見慣れていないので、少し違和感がありました。

解説していた福田氏も言っていましたが、スーパーな外国人なしにこのサッカーでは勝てないと。ナバウト不在、ファブリシオ加入待ちだとこうなっちゃうのかもしれません。

こうも何もできない試合を見せられてのセカンドレグ。シーズンチケットで行けるので、見には行きます。でも期待していいのかな。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »