« ルヴァンカッププレーオフ第2戦対甲府戦:ルヴァンカップ終了 | トップページ | 監督の差なの »

2018/06/11

PK戦、やり直し

先週水曜日の天皇杯、名古屋対奈良クラブのPK戦にて、競技規定ミスがあり、PK戦を後日やり直すということになったとのこと。
現在の競技規則だと、PKでフェイント入れると、フェイントを入れた選手は警告となり、キック自体は失敗と扱われるそうです。それを主審は警告を与えずにキックのやり直しをさせたとのこと。
知らなかったです、この規定。
この問題を指摘したのが、3級審判資格を持つ一般人というのも興味深いところです。
てっきり、名古屋の関係者がおかしいと言ってきたのかと思っていましたから。
なんだかんだ言っても、審判は大変ですよね。

|

« ルヴァンカッププレーオフ第2戦対甲府戦:ルヴァンカップ終了 | トップページ | 監督の差なの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルヴァンカッププレーオフ第2戦対甲府戦:ルヴァンカップ終了 | トップページ | 監督の差なの »