« 不成立 | トップページ | MOMは西川 »

2018/08/02

対川崎戦:なかなかの強さ

浦和2-0川崎
得点者
7分 興梠
90+3分 ファブリシオ

今回は仕事の都合でBS録画観戦でした。
こういう試合を見に行ける人は持っている、とか思いますし、水曜日にこういうゲームを組んでしまうJリーグにチョットがっかりです。

それはともかく、興梠が武藤からのパスを見事にループ気味のシュートを決めてからは、川崎のペースになっちゃいました。それでもしっかり要所要所を抑えて、失点しないレッズの戦い方はこの夏場に合わせたしたたかさを感じています。
この試合、1番目立っていたのはGKの西川でした。川崎のFW小林の決定的なシュートを2本も止めていましたから。特に後半20分の橋岡のバックパスをさらわれた場面からのセーブは大きかったです。

そんな中、選手交代が上手くはまったレッズに対して、選手交代が裏目、とまでは言いませんが、はまらなかった川崎でした。特に中村憲剛に代えて知念を入れたところから、川崎の攻撃が上手く機能しなくなった感じがありますから。

後半アディショナルタイム、興梠に代わって入った李が、PKをGET。それをファブリシオが決めて、2-0。Pride of Urawaの後のWe are Reds.コールには、録画ながらもいい気分にさせてもらいました。

レッズは、なかなか強くなってきたのではないでしょうか。
ただ、まだACL出状圏内には入って来ていないので、1試合1試合大事にして行ってほしいです。

|

« 不成立 | トップページ | MOMは西川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不成立 | トップページ | MOMは西川 »