« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/31

バカのために

韓国のU-18が事件を起こしたようです。
Yahho!のTOP『トロフィー踏みつけた韓国U-18代表、優勝剥奪処分
一部のバカがこういうことをやっていまうと、「韓国人はウンヌン」と言われてしまうんですよね。
スポーツはできても、心が出来ていないでしょう。

中国の対応は素晴らしいと思います。日本だと注意で終わっちゃうんでしょうけど。

| | コメント (0)

2019/05/30

将来像

浦和レッズには、近い将来でも遠い将来でも良いのですが、目指している目標こそ文字にして見せてくれるのですが、スタイルというものをなんとなくでもいいから見せてほしい。
でも、なんだかそのスタイルというか将来像が見えないんですよね、前からですが。
確かに将来像なんて言っても、自分の人生でもうまく表現できないし見せられないのだから、クラブチームでも難しいのはわかります。
わかりますが、これだけの人に注目されているのだから、何らかの確立されたスタイルは出来ないものでしょうか。しっかり守って、速攻でカウンターというリアクションサッカー?良くわかりませんけど。
そのためには、下位低迷という犠牲は必要なのかも知れません。

ただ、こんな感じに成績不振で監督交代という事がクラブのスタイル、というのは勘弁です。

| | コメント (0)

2019/05/29

オリベイラ監督契約解除、大槻監督就任

レッズにしては早い動きのような気もしました。
気もしましたが、そもそも3月に『海外クラブとのネットワーク構築推進プロジェクト責任者』というポストを設けて異動させた時点で、オリベイラ体制がなんとなく上手く行かない感じがする。その前に大槻コーチを一度現場から外して、今回のように契約解除となった場合には後任監督に就任させる、という構想をフロントは用意していただけのことかもしれません。
ゼリコ監督やミシャ監督が悪くなった時の堀頼みみたいなものでしょう。
このチームは周囲の数が多く、その分声がうるさく聞こえる部分があり、ジェフ時代のオシム監督が言っていた「浦和の敵は浦和」ということになってしまうのかもしれません。周囲が成績にうるさく聞こえてしまうから、公式戦で若手を育成するようなことも厳しくなっちゃうんでしょうね。
監督交代という劇薬をこの5月の終わりに使ってしまったレッズ。長期の公式戦がないから、挽回するために劇薬を使うポイントがここで正解と思いたいですし、思わせるような結果を残してほしいです。

ジュビロ戦にしても、広島戦にしても、試合の流れというか、歯車の狂いがこういうことになっちゃうんでしょう。
オリベイラ監督には天皇杯優勝というタイトルを獲得し、今シーズンACLのノックアウトステージまで進んでいることには感謝しかありません。

大槻監督には、このチームの立て直しを期待してやみません。前回のように無敗という形で上手く行くとは思っていません。思ってはいませんが、少しでも早く改善するように期待しています。

| | コメント (0)

2019/05/27

上手く行っていない

何もかもが上手く行っていない印象しか残りませんでした。
何のことかというと、日曜日に行われた広島戦からのレッズの動きです。
監督は弱気のコメント、GMは補強はしないし、監督交代もしないとのこと。
まあ、監督交代に関しては性急に動いても良いことはなさそうだから。(ゼリコ監督からミシャ監督への交代の時にも、かなり難航しましたから)
そんでもって、エルゴラはみんな悪い評価になっていました。(当然です)
簡単に自分も立ち直りそうもないです。

| | コメント (0)

対広島戦:更新

浦和0-4広島
得点者
6分 森島 司
25分 ドウグラス ヴィエイラ
63分 ハイネル
80分 渡 大生
観衆 33,235人

この試合は試合経過の振り返りはしたくもないです。
今シーズンのワーストを更新しました。
P5260028
ただ、今回の試合において気になるのは、コンディションだけの問題なのかな、ということです。
確かにコンディショニングは広島と比較したら、良くはなかったのでしょう。オリベイラ監督の試合後コメントを見る限りでも、コンディショニングが思ったほど良くなかったようなコメントを仰っておられますが、それだけじゃないんでしょうな。
リーグ戦よりもACLの方が追い込まれていた状況だから、モティベーションも違ったものなのでしょう。
ただこのままだと、リーグ戦は優勝争いなんかは出来ななくなって、神戸や鳥栖のようにJ1残留争いをしないといけない状況になりますよ。
P5260024
今回の試合も実質3失点目、後半30分くらいでで終わった感じがしました。
山中やファブリシオが反則をし始めてイエローカード出されるようなプレイが続いたので、選手も集中力が切れちゃったんだろうな、と思ったからです。
ゴール裏もPride of Urawaをロングでやっていて、気持ちはわかるのだけれども、メリハリはなくなっちゃいましたよね。
この『闘志なくして栄冠なし 俺たちが目指すのはリーグとアジアの頂点』という弾幕を出していたから、ロングコールになったんでしょうけど。
P5260030
試合後、ブーイングもできないほどの徒労感に襲われました。
火曜日と同じメンバーでここまで違う試合を見せられると・・・。
『俺達は浦和の為に我武者羅に走り闘う男達とシャーレを狙う』。
何が起こるかわからないリーグ戦。今は耐えるときなんでしょうけど、その耐える期間をある程度教えてほしいです。

| | コメント (0)

2019/05/26

なんだか

午前中の段階で30度近くありそうです。

大変なゲームになりそうです。

| | コメント (0)

2019/05/24

公平とは行かないけど

金曜日発売のエルゴラッソ。
1面は長澤とマウリシオのガッツポーズでした。
MOMも7.5の評点をとった長澤でした。
その評点の中で、不満が1つ。
世の中、すべて公平とは行きません。行きませんが、レッズの評点で1番低かったのが6点の青木と森脇。そんなに悪くない点数ですが、もう少し評価されても良いような気が。(特に森脇)
これに奮起して頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

2019/05/23

代表選出

6月のキリンチャレンジカップの代表選出。
レッズ絡みだと槙野と元気くらいですか。
ケガだけはしないで、戻ってきてほしいです。
あとFC東京の久保選手が選出されたことが話題になっています。
1試合くらいはスタメンで使うくらいの心意気を見せてほしいです、森保監督。

| | コメント (0)

2019/05/22

対北京国安戦:雑感まとめ

浦和3-0北京国安
得点者
34分 長澤和輝
41分 武藤雄樹
81分 興梠慎三
観衆 22,885人

今回は勤務先から直行し、なんとかキックオフには間に合う状態でした。
平日19時キックオフはやっぱり余裕がないです。

この試合、ゴール裏はウォリアーからスタートしました。コールリーダーは「まだまだ声だせるだろ」という煽りもありました。それでも声は出ていたと思います。
なんかレッズ好きのバカばっかりが集まった感じでしたし。

試合内容ですが、雑感だけをまとめます。
開始早々、レッズがかなり攻めに行った印象がありました。ファーストシュートが森脇ですから。
その姿勢が良かった思います。
この試合のキーポイントがいくつかありました。
自分で思う最初のキーポイントは前半22分の西川が右足で防いだ場面だと思っています。あの場面で得点されていたら、意気消沈してしまい、ゲームが終わっていたのでは。
2つ目のキーポイントは柏木の負傷交代でしょう。前半早々に負傷し、前半13分で交代するなんて思ってもいませんでした。(後半の途中交代はあったでしょうが)そこで起用されたのが長澤。その長澤がMOMですから。前半34分のゴールに、前半41分の武藤へのアシスト。あれだけ途中交代の選手が活躍したら、オリベイラ監督もさぞ面白かったでしょう。
3つ目のポイントは、ターンオーバー体制をとっていたため、スタメンの動きが良かったこと。あれだけダメだった名古屋戦とメンバーが2名しか変わっていないのに、こんなに違う動きをしているのが新鮮でした。戦術も大切でしょうが、やっぱり動ける選手を起用するべきです。(戦術があるのかどうかは不明ですが。)
最後のポイントは、北京国安が前回の対戦で、レッズをサンドバック状態にしたから、かなりなめてかかってきたのかもしれません。日本のチームがタイやマレーシアのチームを格下として対戦するときのように。ACLではAWAYでは格好悪くても引き分け、HOMEでは必勝、というのが鉄則なんでしょうね。

Dsc_0125
これでまだACLが楽しめるのが嬉しいです。

この勝利、リーグ戦にも良い方向で波及してほしいです。

| | コメント (0)

2019/05/21

流れ

北京国安戦、自分にとっては今シーズンの中で1番の出来だったと思います。
この試合、前半22分にGK西川がビッグセーブをしたことによって、流れを引き寄せたような気がします。
ともかく、ここで終わらなくて良かったです。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/05/20

インパクト

今回のエルゴラッソの1面。
湘南の画がバーンと載っていました。
それだけインパクトのある試合だったんだろうなー、傍から見ても。

まあ、終わったことは仕方がないとして、北京国安との試合、しっかり勝ってノックアウトステージへ行きましょう。

| | コメント (0)

2019/05/18

対湘南戦:誤審

浦和2-3湘南
得点者
22分 長澤和輝
25分 ナバウト
47分 菊地俊介
79分 菊地俊介
90+4分 山根視来

今回は仕事の都合で結果やある程度のことを把握してのDAZN観戦。
まあ、あの誤審騒ぎがあってもなくても負けていたのかな、という感想を持ちました。
先に情報ありきだと負け試合の確認になってしまったので、非常に落ち込んだ気持ちでしか見られませんでした。

オリベイラ監督にしては思い切ったターンオーバーを使ったわけですが、結果上手く行かなかった感じになってしまいました。
こうなると暫くはやらないのかな・・・。

どちらにしても雑感も書く気になれないので、今回はこの辺で。

火曜日、行こうかな埼スタ。

| | コメント (0)

2019/05/16

トラブル

昨日は仕事でトラブルがありました、
そのため帰宅が深夜に。
今日も寝不足でつらかったです。
まあ、なんとか解決しそうなので良かったけど。

| | コメント (0)

2019/05/14

与太話ですが

なんか昨今、おバカな代議士が多いじゃないですか。
例えば、復興よりも議員の選挙が大事とか言っちゃう人とか、北方領土は戦争して取り返すとか言っちゃう人とか。
もう、なんだか誰でもなれちゃうのかな、とか錯覚し始めています。
それとも選挙で勝っちゃうと、おかしくなっちゃうんですかね。

| | コメント (2)

2019/05/13

このままでは

現状のレッズ。
このままでは良くないのは、良くわかっています。
ただ何を変えれば良くなるのか、正直分かりません。
スターティングメンバーをはじめとする選手、3バックや4バックなどのフォーメーション、監督・コーチなどのスタッフ、それとも根本のフロント。
このようにあげれば際限がないと思われますが、少なくとも試合中歩いちゃうような選手は起用しないでほしいです。

もう少し変えなければ行けない部分もありますが、この時期は控えます。

| | コメント (0)

2019/05/12

対名古屋戦:完敗

名古屋2-0浦和
得点者
17分 マテウス
41分 ジョー

スコアー以上の完敗です。
ここまで実力差があると、DAZNの中継を最後まで見ること自体が拷問でした。これを見に行った現地組の方々の心中ご察しいたします。

名古屋の攻撃陣にある程度サンドバックになってしまうのは予測済みでしたが、それ以上に中盤でのインターセプトやら、本当につまらないパスミスやトラップミスでボールを奪われたら、勝てないですよね。上手くアタッキングエリアに攻め込んでも、フォローがなかったり、シュート打てなかったりしました。
シュート数、レッズ4本に対して名古屋15本、キープ率もレッズ41%(そんなに持っていた?)に対して名古屋59%ともう圧倒されっぱなしでした。
良かったところを探そうかとも思いましたが、良かった探しが気力的に出来ないくらいの感じです。
確かにマテウスのミドルシュートは反則的に強烈でしたし、ジョーのゴールも圧巻ものでした。ただ、そこまでに何とかチェーシングしたり、シュートブロックしたりできなかったかな。まあ、その前に、名古屋の選手たちに上手くやられ過ぎました。後半は流してたのかな、と思うくらい余裕をもってプレイされていました。

まあ、タイで試合した後のAWAYゲーム、疲労もたまっているから、そんなに楽なゲームではないかと思いますが、そこを何とかしないと上位チームには勝てないです。
そもそも選手層の問題なら、外国籍選手がエヴェルトンしかいないってどういうことですか?補強が失敗してるとしか思えなくなっています。

| | コメント (0)

2019/05/11

木梨の会

5月11日土曜日に生放送された木梨の会。
今週はかなり面白かったです。
いかにもラジオの生放送、という感じが伝わってきたのが良かったです。
はがきを出して、生で聞いていて、電話に出ればハワイ旅行。
でも生で聞いていない人多いのが分かりました。生で聞いている自分なんかはレアなのかな。

| | コメント (0)

2019/05/09

連休疲れ

連休疲れなのか、体調を崩しました。
おなかの調子がものすごく悪いです。
今週末はおとなしくしているしかないのかな。

| | コメント (0)

2019/05/07

最終節

ブリーラムに勝ちました。
結構ギリギリの試合になっちゃいました。
後半に長澤、興梠、ナバウトとかなり惜しいシュートがありましたが、決まりませんでした。
ただ試合開始時に気温36度なのを考えると、良く追いつかれずに耐え抜いたという印象が強いです。
印象が強かったことと言えば、この休みを取りにくそうな時期にかなりの人数が現地に出向いてサポートしていることに驚いています。

これで北京とグループステージ最終節に決勝トーナメント進出をかけての戦いとなります。
ボッコボコにされながらも引き分けましたが、今度はもう少し良いゲームになることを期待します。

| | コメント (0)

2019/05/05

鳥栖の監督交代

鳥栖のカレーラス監督が解任されました。
10節終了時、シーズンの3分の1経過しての判断。
まあ、早い時期に手を打った感はあります。補強のメンバーは良いのにね。それがバランスよく、上手く纏まっていないみたいだから。
監督交代、上手く行くときと上手く行かないときがあるから。
ただ何もしないでいるよりかは良いかと思います。
この件、他人事じゃない感じがします。

| | コメント (0)

2019/05/04

対ジュビロ磐田戦:愚痴ばっかり

浦和0-1磐田
得点者
90+3分 ロドリゲス
P5030004
この試合、どこから振り返ろうかな?

後半アディショナルタイムに入ったくらいの時に、ロドリゲスが名波監督に呼ばれていたんです。
まあ、何らかの指示を受けていたんだと思うんです。たぶんですが、バックパスを狙えなのか、それともカウンターに備えて前目にポジションをとれなのかわかりませんが、それが功をそうしたんだと思います。
なかなかいい感じで采配が決まったんじゃないですか。
P5030014
それに対してレッズの方は・・・。
青木のミスは仕方ない部類、というか責めたくないです。
それよりも、途中で入った外国人が上手く機能しない。いや、上手く機能させられないのかもしれません。
特にマルティノス。今シーズン出だしは良かったと思いますが、ここのところのポンコツぶりは、群を抜いてガッカリさせられます。
転んでいたがるわ、ドリブルは後ろにしかしない感じだし、パスは上手く行かないしで。
大原では調子が良いんですか。そうじゃないとこんなに優先順位が良いことの理由がわかりません。まだナバウトの方が可能性を感じます。相手にガンガン当たっていう感じがあるだけに。

オリベイラ監督の手もなんだか上手く行きません。
監督会見では後半アディショナルタイムが短すぎる、とか言っている始末。その前に、選手交代なり、スタメンなり、フォーメションなりで工夫が出来ないもんですかね。主審の批判よりも、チーム反省点をスタッフで洗った方が良くないですか。
こんな感じだと、ジュビロ相手だから接戦での負けでしたけど、次節当たる名古屋なんかにはコテンパンにやられちゃうんじゃないですか。

主審批判といえば、なんだか残念な野次を聞きました。SPORTS FOR PEACE!が浸透していない感じです。
まあ、負け試合ですから仕方がない、と言ってしまえばそれまでですが。

愚痴ばっかりです。申し訳ないです。

| | コメント (0)

2019/05/03

後半アディショナルタイム

後半アディショナルタイムにやられました。
その前にシュートまで行けない自分たちが悪いんです。
ちょっと考えをまとめたいので、時間をいただきます。
明日にはまとめます。

| | コメント (0)

2019/05/01

令和元年最初の日

令和元年最初の日でしたが、特に書くこともない日でした。
こんだけ休みがあると体がなまる感じがしてなりません。
こりゃー、来週の火曜日が怖いくらいです。
一回荷物でも取りに会社にでも行こうかな。場所を忘れないためにも。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »