« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/31

全治4カ月

先日の大分戦でケガをした武藤選手。
右肩関節脱臼で手術を行ない、全治4カ月とのこと。
そうすると、2020年2月に治るとして、コンディションが良くなるまで1~2カ月。復帰は5月くらい・・・。
武藤のように運動量が多い選手は貴重なので、痛いところです。
あせらずに治療し、完治してほしいです。

| | コメント (0)

2019/10/30

対広島戦:良く引き分けた

広島1-1浦和
得点者
75分 岩波
88分 オウンゴール

改めてスタッツ比較を見ましたが、前半浦和のシュートは2本、それに対して広島のシュートは7本。そのうち危ないと思ったのもちらほら見られたわけです。特に15分の柏のシュートとか、45分の川辺のヘディングシュートとか。もうダメかと思うようなやつを。まあ、これを外してくれるからありがたい。こんなまぐれのようなことがないと、今のレッズは勝ち点を拾えないのかも・・・。
後半、少し、少しですよ、盛り返したような感じですが、ファブリシオのミドルが枠に行きません。あの埼スタ広州戦でのミドルは万が一というやつなんですかね。後半もスタッツを見ると広島が優勢なのは変わりませんでした。そんな中での、岩波のゴールは良かったです。
でも橋岡のクリアーがオウンゴールになっちゃった。これは仕方がないところでしょう。なかなか上手く行かないですから。

昨日みたいな展開で良く引き分けたというのが、率直な感想です。
なんでリーグ戦で、体のキレがいいとか、全体の動きが良いとか見られないんですかね。
鹿島と川崎、そしてアルラヒル。難しい相手が続きますが、しっかり闘ってもらいたいです。とりあえず、前向きに。

| | コメント (0)

2019/10/29

感想とクレーム

広島戦、良く引き分けたというのが率直な感想です。
どんだけ前半やられそうになったか。決定的なチャンスは広島の方が多かった、というよりも決定力のなさに助けられた感じです。
後半は岩波のゴールで良く先制しましたし、橋岡のオウンゴールは残念でした。
この勝ち点1を無駄にしないようにしてほしいです。
この件に関しては、明日にでも振り返ります。

残念といえば、帰宅中に電車の中でDAZN見ながらだったのですが、その肝心のDAZNがネット環境なのかなんなのかわかりませんが、とぎれとぎれになりました。もう前半の途中から静止画状態でした。いつもは大丈夫なのですが。
なので、浦議の速報と日刊スポーツの速報だけが頼りの状態に。
もう勘弁してほしいです、DAZN。今日の状態に関しては、不満しかありません。
あれでギガだけ消費されたらたまったものではありませんよ。

| | コメント (0)

2019/10/28

ミスと戦術

先週の土日はしっかりラグビーワールドカップ準決勝を見入ってしまいました。
ここで思ったのは、同じフットボールだからでしょうか。
サッカーもラグビーもミスは付き物ですが、そのミスが多いチームは負けてしまうし、勝つチームはミスが少なく、そして相手のミスに付け込む。
また戦術も当然必要で、しっかりとした相手に合わせた戦術を練ったほうが優位に働くという事。エディー・ジョーンズは対ニュージーランド戦に向けて、組み合わせが決まった2年半以上も前から対オールブラックス戦術を考えていた、というのですから。
これからレッズは怒涛の4連戦。せめてミスは少なく行ってほしいものです。

| | コメント (0)

2019/10/27

相変わらず

ルヴァンカップ決勝、力を抜いてみていました。
もう少し川崎優位かと思いましたが、なんだか接戦になってしまいました。
まあ、PKまで行っちゃったので、どっちが勝ってもおかしくないのですが。
おかしくないのですが、やっぱりミシャ監督、勝ち運がないというか、最後の最後で勝てないですね、相変わらず。
でもコンサドーレは強くなりましたよ。ミシャ式って良いサッカーなのかもしれません。

| | コメント (0)

2019/10/26

流石の7

今回のエルゴラッソ。
最終面にACL準決勝広州恒大戦の記事が載っていました。
『堂々、決勝へ』という文言には少し違和感を感じましたが、評点7を取っていた3選手がフォーカスされていました。GK西川、右サイド橋岡、CFの興梠。それぞれ良かったと思います。その中でも興梠への短文評価が『こういう試合に決めるのがエース。さすが』というのが端的に興梠への高評価を表していましたね。
そして大槻監督への評点も7でした。これをリーグ戦でも続けてほしいです。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019/10/24

ACL準決勝第2戦 対広州恒大戦:

広州0-1浦和
得点者
50分 興梠

1日経ちましたが、勝ったことが正直、不思議に思っている部分があります。
その理由はハッキリしていて、前半メチャクチャ押されていたのに失点しなかったことが、不思議でした。
広州の決定機、前半何回ありましたかね。特に危ないと思った部分でも3~4回くらいはあって、その中でも前半38分のクロスバーに直撃したタリスカのシュートには「やられた」と思いましたから。
DF陣の踏ん張りも良かったのですが、GK西川が冴えていました。正直、青島ビール賞は興梠よりも西川で良かったと思っているくらいです。
後半立ち上がりも広州に攻められましたが、後半5分に、橋岡からのクロスを興梠がヘディングで決めて先制します。この先制ゴールですが、興梠よりも橋岡にスポットを当てたいくらいです。DFを引き付けて、興梠へのドンピシャのクロス。あのクロスを今後も入れるようになったら、海外への道もあるのかな?とか思ってしまいます。
先制した後は、広州はかなり攻め込むのかな、と思いましたが、今までと同じように放り込みとかせずに攻めてきました。攻めてきましたが、それほど怖さを感じなかったです。
たぶんですが、広州側の選手がラフプレイが多くなったり、パスが乱れたり、シュートは適当に打っている感じが伝わってきたからだと思います。

広州恒大に対して、これだけのプレイが出来るのに、リーグ戦ではだめなのか。この試合解説していた北沢氏が「ACLは自分たちの長所を出すゲーム戦術。Jリーグは相手の長所をなくすゲーム戦術。」みたいなことを言っていました。
相手に十分な対処を行なう時間を与えているから、なかなか自分たちの良さを出せないのかも知れないです。ただどこのチームも一緒だから、上手く対応してほしいです。

ACL決勝の第1戦、GK西川がサスペンションで出場できないのがどのくらい影響してくるか。今シーズン公式戦に1試合しか出場していない福島がどこまで頑張れるか、ここがポイントになりそうです。

| | コメント (0)

2019/10/23

前半凌いだのが

広州恒大とのセカンドレグ。
前半を無失点で凌いだのが大きかったです。
その後、後半5分に橋岡のクロスから興梠のヘディングシュートが決まって試合の趨勢が決まりました。
この後の決勝に向けて、不安材料はありますが、とりあえずは勝ったことをほめたたえましょう。
広州まで遠征された方々、本当にお疲れさまでした。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/10/22

5.5

今回発売のエルゴラッソ。
対大分戦のレビューが掲載されていましたが、レッズのほとんどの選手の評点が5.5。
まあ、後半アディショナルタイムで勝ち越されたら、こうもなりますよね。
大分のGK高木が7.0のMOM、これも納得です。
今後、この敗戦が活かされればいいな・・・。

| | コメント (0)

2019/10/20

残念

ラグビー日本代表、準々決勝で南アフリカに負けてしまいました。
前半はかなり良いゲームになっていただけに、残念です。
後半自陣でのゲームになってしまったのと、モールで押し込まれてトライされちゃったのが痛かったです。
それでも目標達成は素晴らしいと思います。それにここまで盛り上がるとは思わなかったですよ。
このあと4試合、間違いなく面白い戦いになると思います。

| | コメント (0)

2019/10/19

対大分戦:また金Jで

浦和0-1大分
得点者
90+3分 後藤

またフライデーナイトマッチで負けました。
もう金曜の夜にやるのは本当に止めてほしいです。
金J、今シーズン1回も埼スタに行くことが出来ませんでした。そして1回も勝てませんでした。
もし来シーズンも金Jをやるのなら、他チーム主催時にお願いいたします。来シーズンは金Jをレッズが開催する理由がないですから。

帰宅しながら、スマホでDAZN観戦。
この試合のポイントは多々ありますが、ここでは3つくらいにしておきますか。
まず1つ目は、チンタラとした試合の入り方をしたことでしょうか。大分対策的にはこれで良いのかもしれませんが、前からDFしていかないと、なんか沈滞ムードが漂うんですよ。選手を鈴木→マウリシオ、青木→阿部、橋岡→宇賀神にしたことも影響しているのかもしれません。
2つ目は、後半30分過ぎから怒涛の攻撃を仕掛けますが、ここで決められなかったこと。エヴェルトン、ファブリシオのショートがGKに防がれたのが痛かったです。
3つ目は、後半アディショナルタイムに宇賀神と交代で入った山中。最後、カウンターを仕掛けられたときに後藤のマークに入るべき山中が、すぐに入った山中が中途半端な守備をしていたことでしょう。これが一番の負けた原因とも思います。引き分けで良しとすれば、守備が苦手な山中を投入せず他の選択肢もあったでしょうが、CKとかのセットプレイでボールを蹴ることを考えると、というところでしょうか。

この敗戦、かなり厳しくしちゃいましたよ。降格ラインがドンドン迫って来てしまいました。
あと5試合+ACL。自分たちで小難しくしちゃっていますよ。

| | コメント (0)

2019/10/18

アディショナルタイム

カウンターでやられちゃいました。
この敗戦は痛すぎます。
正直、引き分けかもとか思っていたときですから。
また降格ラインを気にすることになりました。
大丈夫かな・・・。

明日、なんとかまとめます。

| | コメント (0)

2019/10/17

簡単に

なんだか簡単に変更になっちゃいました。
2020年オリンピックの競歩とマラソンの会場が札幌になるらしいです。
IOCの鶴の一声で変わっちゃうのなら、もうどうでもいいんじゃない、って感じかな。
もう時期をずらした方が良くない。もしくは開催都市を札幌にしちぇえば良いような気が。
小池都知事は北方領土でマラソンを開催することを提案しているみたいですし。

| | コメント (0)

2019/10/16

なんかね

日刊スポーツの記事『東京五輪マラソンと競歩の札幌開催検討、猛暑考慮し』。
なんか、7月8月のバカみたいに暑い時期に東京でやるのをやめた方が良いのではないでしょうか。
東京でやるなら9月から10月の時期、7月8月にこだわるなら札幌で良いじゃない?
ただ、チケット売っちゃっているから、なかなか変更は難しいのかも。

| | コメント (0)

2019/10/15

対タジキスタン戦

前半終了間際に南野のヘディングシュートが止められたときには、これは引き分けかもとか思ったのですが、そうならずに良かったです。
南野の1点目は綺麗なヘッド、2点目は上手く合わせての技ありのゴール。この後半15分内に上手く点が取れたのが良かったですね。
ただ、AWAYとはいえ、前半にタジキスタンに押されるのはまずい部分でしょうか。中東みたいな雰囲気とはいえ・・・。
まあ、AWAYで勝ったことを評価しましょう。

| | コメント (0)

2019/10/14

チーム名変更?

J2の町田ゼルビアがチーム名称変更で揺れています。
チーム名とかエンブレムが一方的に変更になることに抵抗感はありますよ。
けど、会社名に近いものではなく、トウキョウを入れたがるのかが良くわからないです。
ともかく、部外者である自分は静観するしかないのですが。

| | コメント (0)

2019/10/13

台風被災

自分自身には被害はなかったけど、知り合いの多くが被災しています。
何かできることをよりよい方法で行なえればと思います。

| | コメント (0)

2019/10/10

ワールドカップ予選

本日、ワールドカップ予選だったんですね。
仕事などの関係で見ることが出来ませんでした。
まあ、このクラスで苦戦はしてほしくないです。

台風が問題です。これから準備しないと。

| | コメント (0)

2019/10/09

べた褒め

今回発売のエルゴラッソ。
レッズのことは1ページだけ。ちょっと少ない感じ。
今回は橋岡をべた褒めしていました。
特集記事も橋岡なら、MOMも当然橋岡で7の高評価。
1ゴール1アシスト、素晴らしい限りです。
でも本人も周囲も言っていますが、まだまだ成長できる、と。本当にまだまだ伸びしろがあるはずなので、期待しています。

| | コメント (0)

2019/10/08

曹監督退任

湘南ベルマーレの曹監督が退任とのこと。
理由は、皆様ご存知の通り、指導の際にパワハラがあったからです。
本人が事実関係を認めているので、これは仕方がないでしょう。
ただ、湘南のスタイル、相手に走り勝つというのは良い印象を受けていました。そこには厳しい指導があったとは思いますが、そこにパワハラ紛いではなくパワハラそのものがあったことが残念です。もともとレッズの選手だった時期もある曹氏なので、そういった意味でも残念です。
指導する際に言葉が荒くなったり、暴言紛いのことを言ったりすることもあるでしょうが、相手にそれがただの暴言だったら意味がないんですよね。手を上げてケガさせたら、明らかにダメですが。
正直、中学部活なんかじゃ、顧問による体罰も普通にあったからなー。

| | コメント (0)

2019/10/07

対清水戦:橋岡選手

浦和2-1清水
得点者
19分 ドウグラス
45+2分 興梠慎三
75分 橋岡大樹
観衆 34,131人

Pa060090
この試合も、前節鳥栖戦に続いて、6ポイントマッチになってしまいました。まあ、土曜日に鳥栖と松本が勝っていたため、落とせない試合になったんですけど。
広州戦からはファブリシオに代えて武藤を先発で入れ替えただけでスタートしました。

この試合のポイントは、前半のうちに同点に追いついたことでしょう。
ロングスローからドウグラスに決められて、これは少しマズイかもと思い始めた前半終了間際、橋岡からのクロスを興梠が上手く飛び込んでヘディングシュートを決めたのは大きかったです。リードされて前半を終わるのと、同点で折り返すのでは全然違いますから。
そして上手くレッズペースになっていた後半。ボールは持たせてもらえるが攻撃が上手く決まらないレッズでしたが、そんなじれったい展開の中で、橋岡の綺麗なシュートが決まりました。
橋岡選手、この試合のような感じで、クロスが上がって、ゴールを決められるようなシュートを打てる選手になったら、オリンピック終了後にヨーロッパ移籍とかしちゃうのかな。それはそれで困っちゃいますよね。

あと、久々に見ました、ゴールを決めた選手に一番早く駆け寄る槙野の姿を。あれが出てくると槙野本人とチーム状態が良い状態になってきている感じがします。

後半44分にドゥトラにかなりヤバいシュートを放たれましたが、事なきを得てタイムアップ。

Pa060101
内容的にはスッキリしない部分もあるかと思いますが、この試合というより、今シーズンの残り試合は、内容ウンヌンよりも結果だけを求めていきましょう。
リーグ戦あと6試合、少しでも上の順位で終わらせること。ACLではしっかり闘うこと。
これを目標に頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

2019/10/06

勝った

自分としては8月に水戸で勝った時以来、We are Diamonds,を歌いました。
これでいい感じで中断期間に入れます。
ここで上手くコンディション調整をお願いしたいです。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/10/04

7.5

エルゴラッソ、買っちゃいました。
今回の1面は、豪快なミドルを決めた関根。選手のピックアップも関根でした。
今回の評点は、みんな高かったです。
7点が得点を決めたファブリシオと関根。そしてDFの岩波、槙野。そしてMOMは鈴木の7.5点でした。鈴木に高評価を出すところがエルゴラッソらしいです。
大槻監督も6.5の評点。短評には『この試合以前に連戦でのマネジメントが◎』となっていました。ただ、◎は言い過ぎかも。鳥栖戦も勝っていたら、納得ですが。

| | コメント (0)

2019/10/03

ACL準決勝ファーストレグ対広州恒大戦:前半リード

浦和2-0広州
得点者
19分 ファブリシオ
75分 関根貴大
観衆 30,068人

この試合、まさかここまで良い内容で勝つとは思いませんでした。それも無失点で。
Pa020083
確かにファブリシオと関根のゴールは素晴らしかったです。
それ以上に、危なっかしい部分はありましたが、DF陣もしっかり守っていましたし、青木とエヴェルトンの攻撃へのリンクも良かったし、FW陣もうまく回転していたと思います。

今シーズンの中でもベストゲームでしょう、これは。今までの試合は何だったのか、っていうくらいの出来です。
確かに完全に崩しての得点ではない、という見方もあるでしょう。あるでしょうが、今まで打っても、どころか、打ちもしなかったミドルシュートが決まる。それも2本も。やぱりシュートを打たないとゴールはないですから。
これで少し安心できるのは、興梠以外のFWがここ2試合でゴールを決めたこと。これで少しは気楽になれればよいですね。

Pa020088

でも、ACLの準決勝はまだ前半リードで終わっただけ。今度はAWAYで難しいセカンドレグが待っています。
そして日曜日にはエスパルスとのリーグ戦。しっかり勝ちに行きましょう。

| | コメント (0)

2019/10/02

勝った

勝った。

でもまだ前半が終わっただけ。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »