2019/12/30

仕方ないのかな

この年末、地上波TVが面白くない感じです。
朝からドラマの再放送ですから。
ニュース番組も少ないから、CATVでニュースチャンネルとか見ています。でもニュース番組も低調かな・・・。
まあ、この時期はみんなゆっくりしたいですからね。

| | コメント (0)

2019/12/23

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

公開第1週に見てきました。
エピソード8で瞑想というか、明後日まではいかないが、かなり話が雑になった感もあります。
それをカバーしようとした感じもあります。それでも今回も話は荒いです。もう少し丁寧に描いてほしかった部分もあります。ただ、丁寧に描いたら、3時間強の作品になりそうです。ともかく、このスター・ウォーズの世界観を見せてくれたことに感謝いたします。
May the force be with you.

| | コメント (0)

2019/12/22

M-1 グランプリ2019

今年のM-1、本当にレベルが高かったです。
ファーストラウンドで終わってしまったすゑひろがりずや見取り図も良かったし、ファイナルまで行ったぺこぱやかまいたちも当然面白かったです。
でもミルクボーイは群を抜いて面白かったです。
自分たちのスタイルが完成されていたのが良かったと思います。コーンフレークと最中で何とかしてしまうのが凄かった。
今後の活躍を期待します。

| | コメント (0)

2019/11/12

映画『ターミネーター ニューフェイト』

見に行ってきました、ターミネーターの新作。
確かにターミネーター2の続編として見ると、面白いかもしれません。ただ、3・4と見た後に、この作品が出てくると、なんか違うような気がして。
その辺の埋め合わせ的な話、というか、タイムパラドックスの部分をもっと説明があれば、納得の行く感じでした。
そうはいっても、ターミネーター色は満載でしたよ。なかなか敵のターミネーターは壊れない(死なない)し、どこまでも追ってくる。銃撃シーン、格闘シーンが多かったです。
まあ、ターミネーターを見続けた方にはお勧めかな。

| | コメント (0)

2019/11/04

さよなら たりないふたり:ライブ・ビューイング

南海キャンディーズの山里亮太氏とオードリーの若林正恭氏でユニット、『たりないふたり』のライブ・ビューイングを見てきました。
そもそもみなとなみらいのチケットなんて当たる気もしなかったので、ライブ・ビューイング一択でした。
面白かった。サイコパスに近い感じの若ちゃんに対して、それに合わせていく山ちゃんという構図がかなり面白かったです。
漫才を段取り無しでやるというかなり変わった感じになりましたが、やっぱりプロですよ。これまでにあったことをまとめながら、上手く仕上げていた感じがします。それでも『設定』にこだわるのも面白かったです。
今後、普段のやりとりで使えそうなのが、バッティングセンターネタかな。

| | コメント (0)

2019/09/23

映画『アド・アストラ』

期待していたよりも、SF映画していなかったような感じです。
この映画で焦点を当てたのは、宇宙船内の限られた空間に長時間いることによる精神安定(ストレスをためこまない)ということが大切である、とうことでしょうか。
まあ、ブラッド・ピットも、トミー・リー・ジョーンズも良い感じで演技していました。
ところで、地球外生命体って見つかるんですかね。

| | コメント (0)

2019/09/22

どぶろっく

キングオブコント2019.。
優勝はどぶろっくでした。
今回、各組のネタのレベルは高かったと思います。
好みはあるかと思いますが、歌ネタをミュージカル風に仕上げてきた時点で、勝負あり、かと。
他のところにはなかったですからね。

| | コメント (0)

2019/09/16

ノーサイド・ゲーム

TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』、かなり楽しませてもらいました。
日曜劇場で池井戸潤原作は、やっぱり面白いです。
ドラマパートとラグビーパートともにしっかり出来上がっている感じもしましたし、悪を成敗するという池井戸潤作品らしくなっていました。

自分はそんなにドラマってそんなに見なくなったんですが、何でだろう。TVがメインの娯楽になっていないからかな。
日曜劇場の次回策は木村拓也ものですか。たぶん、見ないんだろうなー。

| | コメント (0)

2019/09/07

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』を見に行ってきました。
今までTVで見てきた世界観を壊すことなく、良くできた作品でした。
特に泣けるシーンが多かったような気がします。
エイミーとテイラー、それを取り巻く人間関係が非常に良かったです。

そういうことに想いをはせると、7月の放火殺人事件は許せない気持ちにもなりました。
改めて、亡くなった方々に哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

2019/08/25

映画『ロケットマン』

エルトン・ジョンの半生を描いた映画を見てきました。
PG12のマークがついていまして、それがつくのは仕方がない、結構性描写が多い映画でした。
まあ、エルトン・ジョンを題材にするときには避けられないですからね、同性愛と薬物依存症は。
内容的には面白かったです。ただ、自分がミュージカル映画が得意じゃないから、困った感じにもなりました。
結構、エルトン・ジョンの曲、知っていました。それだけ有名だという事なんでしょうね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧