2019/10/19

対大分戦:また金Jで

浦和0-1大分
得点者
90+3分 後藤

またフライデーナイトマッチで負けました。
もう金曜の夜にやるのは本当に止めてほしいです。
金J、今シーズン1回も埼スタに行くことが出来ませんでした。そして1回も勝てませんでした。
もし来シーズンも金Jをやるのなら、他チーム主催時にお願いいたします。来シーズンは金Jをレッズが開催する理由がないですから。

帰宅しながら、スマホでDAZN観戦。
この試合のポイントは多々ありますが、ここでは3つくらいにしておきますか。
まず1つ目は、チンタラとした試合の入り方をしたことでしょうか。大分対策的にはこれで良いのかもしれませんが、前からDFしていかないと、なんか沈滞ムードが漂うんですよ。選手を鈴木→マウリシオ、青木→阿部、橋岡→宇賀神にしたことも影響しているのかもしれません。
2つ目は、後半30分過ぎから怒涛の攻撃を仕掛けますが、ここで決められなかったこと。エヴェルトン、ファブリシオのショートがGKに防がれたのが痛かったです。
3つ目は、後半アディショナルタイムに宇賀神と交代で入った山中。最後、カウンターを仕掛けられたときに後藤のマークに入るべき山中が、すぐに入った山中が中途半端な守備をしていたことでしょう。これが一番の負けた原因とも思います。引き分けで良しとすれば、守備が苦手な山中を投入せず他の選択肢もあったでしょうが、CKとかのセットプレイでボールを蹴ることを考えると、というところでしょうか。

この敗戦、かなり厳しくしちゃいましたよ。降格ラインがドンドン迫って来てしまいました。
あと5試合+ACL。自分たちで小難しくしちゃっていますよ。

| | コメント (0)

2019/10/18

アディショナルタイム

カウンターでやられちゃいました。
この敗戦は痛すぎます。
正直、引き分けかもとか思っていたときですから。
また降格ラインを気にすることになりました。
大丈夫かな・・・。

明日、なんとかまとめます。

| | コメント (0)

2019/10/09

べた褒め

今回発売のエルゴラッソ。
レッズのことは1ページだけ。ちょっと少ない感じ。
今回は橋岡をべた褒めしていました。
特集記事も橋岡なら、MOMも当然橋岡で7の高評価。
1ゴール1アシスト、素晴らしい限りです。
でも本人も周囲も言っていますが、まだまだ成長できる、と。本当にまだまだ伸びしろがあるはずなので、期待しています。

| | コメント (0)

2019/10/07

対清水戦:橋岡選手

浦和2-1清水
得点者
19分 ドウグラス
45+2分 興梠慎三
75分 橋岡大樹
観衆 34,131人

Pa060090
この試合も、前節鳥栖戦に続いて、6ポイントマッチになってしまいました。まあ、土曜日に鳥栖と松本が勝っていたため、落とせない試合になったんですけど。
広州戦からはファブリシオに代えて武藤を先発で入れ替えただけでスタートしました。

この試合のポイントは、前半のうちに同点に追いついたことでしょう。
ロングスローからドウグラスに決められて、これは少しマズイかもと思い始めた前半終了間際、橋岡からのクロスを興梠が上手く飛び込んでヘディングシュートを決めたのは大きかったです。リードされて前半を終わるのと、同点で折り返すのでは全然違いますから。
そして上手くレッズペースになっていた後半。ボールは持たせてもらえるが攻撃が上手く決まらないレッズでしたが、そんなじれったい展開の中で、橋岡の綺麗なシュートが決まりました。
橋岡選手、この試合のような感じで、クロスが上がって、ゴールを決められるようなシュートを打てる選手になったら、オリンピック終了後にヨーロッパ移籍とかしちゃうのかな。それはそれで困っちゃいますよね。

あと、久々に見ました、ゴールを決めた選手に一番早く駆け寄る槙野の姿を。あれが出てくると槙野本人とチーム状態が良い状態になってきている感じがします。

後半44分にドゥトラにかなりヤバいシュートを放たれましたが、事なきを得てタイムアップ。

Pa060101
内容的にはスッキリしない部分もあるかと思いますが、この試合というより、今シーズンの残り試合は、内容ウンヌンよりも結果だけを求めていきましょう。
リーグ戦あと6試合、少しでも上の順位で終わらせること。ACLではしっかり闘うこと。
これを目標に頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

2019/10/06

勝った

自分としては8月に水戸で勝った時以来、We are Diamonds,を歌いました。
これでいい感じで中断期間に入れます。
ここで上手くコンディション調整をお願いしたいです。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/10/04

7.5

エルゴラッソ、買っちゃいました。
今回の1面は、豪快なミドルを決めた関根。選手のピックアップも関根でした。
今回の評点は、みんな高かったです。
7点が得点を決めたファブリシオと関根。そしてDFの岩波、槙野。そしてMOMは鈴木の7.5点でした。鈴木に高評価を出すところがエルゴラッソらしいです。
大槻監督も6.5の評点。短評には『この試合以前に連戦でのマネジメントが◎』となっていました。ただ、◎は言い過ぎかも。鳥栖戦も勝っていたら、納得ですが。

| | コメント (0)

2019/10/03

ACL準決勝ファーストレグ対広州恒大戦:前半リード

浦和2-0広州
得点者
19分 ファブリシオ
75分 関根貴大
観衆 30,068人

この試合、まさかここまで良い内容で勝つとは思いませんでした。それも無失点で。
Pa020083
確かにファブリシオと関根のゴールは素晴らしかったです。
それ以上に、危なっかしい部分はありましたが、DF陣もしっかり守っていましたし、青木とエヴェルトンの攻撃へのリンクも良かったし、FW陣もうまく回転していたと思います。

今シーズンの中でもベストゲームでしょう、これは。今までの試合は何だったのか、っていうくらいの出来です。
確かに完全に崩しての得点ではない、という見方もあるでしょう。あるでしょうが、今まで打っても、どころか、打ちもしなかったミドルシュートが決まる。それも2本も。やぱりシュートを打たないとゴールはないですから。
これで少し安心できるのは、興梠以外のFWがここ2試合でゴールを決めたこと。これで少しは気楽になれればよいですね。

Pa020088

でも、ACLの準決勝はまだ前半リードで終わっただけ。今度はAWAYで難しいセカンドレグが待っています。
そして日曜日にはエスパルスとのリーグ戦。しっかり勝ちに行きましょう。

| | コメント (0)

2019/10/02

勝った

勝った。

でもまだ前半が終わっただけ。

明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/09/30

妥当な評価

本日発売のエルゴラッソ。
最終面の見開きにサガン鳥栖戦について書かれていました。
杉本へのフォーカスは当然として。
今回の評点、西川・岩波・槙野・エヴェルトン・青木と守備陣が鈴木以外が5という評価。2点リードを守り切れなかったのが、個の評点になるんでしょうね。
鳥栖のDFにたしての評価の方が4.5とかで低いのを見ると、打ち合いになっちゃった、ということでしょう。
大槻監督の短評も的確で「起用が当たった前半。緩みが出た後半。」とこと。
まあ、妥当な評価です。

| | コメント (0)

2019/09/29

修正力

いろんなネットの書き込みで1番問題視されているのが、大槻監督の修正力。
特に相手チームが選手交代してきたときに、有効な手立てが見られないこと。
確かに相手チームが上手く選手を入れ替えたのに対して、こちらはそれほど有効とは思えない選手交代も多いのも事実ですから。
しかし、選手交代で修正するにしても、ベンチに有効となる選手がいるのかというと甚だ疑問。
これって、夏の時期に補強が上手くできなかったフロントの責任?それとも、いる人材を上手く使えない監督の責任?良くわかりませんが。
グダグダ言っていても、試合はすぐにやってくるので、できる限りの準備をしてほしいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧