2017/03/25

細貝萌選手

2010年にレッズからドイツへ行ってしまった細貝萌選手。
その細貝選手が柏レイソルに移籍するとのこと。
日刊スポーツやらスポニチの記事によると、昔からレイソルでプレイしたかった、とか書いてありました。まあ、それはリップサービスだとしても。
心のどこかでは「戻ってくるときにはレッズだろう」とか思っていた自分が恥ずかしいです。声をかけるタイミングもあったのでしょうが、なんだか残念です。
でもレッズに戻ってきてポジションが保障されているとも限りませんから。
ともかく、レッズ戦以外での活躍を期待します。

| | コメント (0)

2017/03/20

対G大阪戦:良く追いついた

G大阪1-1浦和
得点者
57分 今野泰幸
93分 ラファエル・シルバ

この試合はDAZNで生で見ました。
DAZN、今回は自宅ではなかったので、自分のスマホで観戦となりました。
感想は「悪くなかった」。もっと具体的に言うなら、スカパー時の中継となんら変化がなかったです。それだけ違和感を感じずに見ることが出来ました。

ゴール裏はWe are REDS!コールの後に、アレアレア浦和でスタートしていました。
柏木が先発で武藤がベンチスタートというなんだか大丈夫かと思う中で試合開始。

前半からガンバがガンガン前からプレスをかけてきました。その分、レッズがいつものようにゆっくり回せない印象を受けましたが、決定機はレッズの方が多かったです。特に興梠と槙野のシュートがクロスバーに嫌われたのは痛かったです。このうち1本が決まっていれば、かなり優位に進められたのに。
まあ、この辺はガンバと対戦するときのアルアルなんでしょけどね。

そんな中、後半を迎えて、後半の12分。今野にやられました。
ハーフタイムで上手く立て直されたかな、ってところでしょうか。
ただここからレッズがサラに攻勢に出ました。いつものことですが、さんざんチャンスがありながら、決められません。
そんな中、後半アディショナルタイム、宇賀神が放ったシュートが相手DFの手に当たってPK獲得。
このPKをラファエル・シルバが良いコースに決めて同点にしました。

結果から見れば、良く追いつき、引き分けた試合だと思います。
AWAYで上手く勝ち点1を奪ってきたことは評価すべきでしょう。
次節まで時間があるので、上手くコンディションを整えてほしいです。

| | コメント (0)

2017/03/15

妥当な結果

本日行われた上海上港とのAWAYゲーム。
後半だけなんとかTV中継を見ることが出来ました。
正直、妥当な結果だったような気がします。
誰がではなく、全体的にあれだけパスミスがあったら、シュートは打てないし、チャンスも作れませんよ。
ラファエル・シルバがPKを得たプレイも妥当なら、興梠がアディショナルタイムに一発レッドになった後ろからのタックルも妥当な判定でした。(宇賀神のプレイに対するイエローは「?」ですが。)
良く2点盛り返した、という印象です。

日曜日のガンバ戦、大丈夫かな・・・。

| | コメント (0)

2017/03/13

ただ1人の7点

金曜日に行われた対甲府戦。
MOMはただ1人の評点7を獲得した関根でした。
本人も中途半端なもののがあったと言っていた3アシストが高評価につながったのでしょう。
ちなみに得点したFW陣4人が6.5でした。
大量得点で隠れてしまっていますが、DF陣は美失点で終えられるように頑張ってほしいです。
リーグ戦でトータル10失点で臨んだシーズンですから。

| | コメント (0)

2017/03/11

対甲府戦

浦和4-1甲府
得点者
57分 興梠慎三
60分 武藤雄樹
76分 ドゥドゥ
83分 李忠成
92分 ラファエル・シルバ

今回は仕事の都合でTV録画で試合を確認。

感想のみ書きます。

攻撃陣は充実しています。
関根が良いアシストしていたのもありますが、興梠・武藤・李のKLMそろい踏みゴール、プラスのラファエル・シルバのダメ押し。これはガチガチに守備を固めてくる甲府相手に良くやっていると思います。
スタートダッシュのかかりが良いと後のことが不安になりますが。
守備陣は問題がありそうな気が。
今回はCKからの失点はなかったものの、失点はしてしまいましたから。シーズン前にリーグ戦トータルで10失点くらいに抑えたい、と言っていたのに・・・。
まあ改善が進んでいけば良いです。

ともかくこの好調を維持してほしいです。

| | コメント (0)

2017/03/07

今シーズンのAWAY

今シーズンのAWAY、札幌は行く予定です。
7月のハイシーズンにぶつけていただくとは、いやはや。
それと平日でなければ、32節の鹿島AWAYは行きたいですね。
まあ、それまでそんなに環境が変化していなければの話ですが。

| | コメント (0)

2017/03/06

7点が3人

エルゴラッソ、対セレッソ戦の評価。
7点が3人もいました。遠藤、青木、武藤。その中で武藤がMOMになっていました。
先制点をしっかり上げたことが評価されているのでしょう。
あとCKでお失点の際、マークを外してしまった槙野が6点というそんなに低くない評点なのが、納得いかない部分です。
まあ、勝ったことで全体的に高評価になったんでしょうね。

| | コメント (0)

2017/03/05

対セレッソ戦:上々

浦和3-1セレッソ大阪
得点者
22分 武藤雄樹
37分 興梠慎三
52分 ラファエル・シルバ
59分 マテイ・ヨニッチ
観衆 43,826人

試合の詳細については、NHK総合で生放送したので、多くは書きません。
なので、雑感程度にいたします。
P3040004

攻撃は良かったです。
後半7分で試合の体制が決定した感がありました。
その3点目のラファエル・シルバの得点は凄かったです。完全に崩した形での得点。
それ以上にラファエルのトラップが凄すぎなんです。青木から来た強めのパスをしっかり受けて、それをゴールする。外国人助っ人だから当たり前、とか片づけちゃいけないレベルじゃないでしょうか。

今回もCKから失点がありました。
前節のマリノス戦でも同じような失点ですから、もう少し集中してほしい部分です。これがあったために文化シャッターが登場する場面がなかったのが残念です。(それ以上にGKのナイスセーブもない試合でしたが)
P3040013

課題はありましたが、上々のホーム開幕戦だったと思います。

| | コメント (0)

2017/02/28

5得点

FCソウル戦、会社から早めに帰宅して、後半残り30分程度をTV観戦。
前半しかレッズの得点はなかったけど、5得点は凄いです。
やっぱり興梠・武藤・李のFW陣は頼りになるというか、はまるといい動きをしますね。
それと比較すると守備陣はちょっと不安になりました。
2失点目も右サイドから崩されていましたから。
この流れを土曜日のリーグ戦までもっていきましょう。

| | コメント (0)

2017/02/27

評点

今日発売のエルゴラッソ。
評点で1番低かったのは、森脇の4点。
確かに斎藤に右サイドを突破され、2失点したのは重罪です。
ただその右サイドをしっかりケアするようにミシャ監督が指示を出したり、対策を打ったのかわからないんです。
正直、素人の自分でも、マリノスで警戒するのは斎藤学だってわかるんですから。もう少し、手の打ちようがあったと思います。
そういう意味では、ミシャの評点が5というのは、高すぎると思った次第です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧