2017/04/26

圧勝だけど

今回のACL、シドニー戦は、TVで途中から観戦。
確かにスコアー的には圧勝しましたが、なんかそんなに余裕だったか、というとそうでもないような。
特に1点取られてから、ラファエルが得点するまでの間は、なんだか不穏な空気感がありました。
ACLに出てくるチームなので、少しでも隙を見せると不味い、ということでしょう。
あと楽勝ムードではなかったのは、関根とズラタンが予定通りの交代ではなく、ケガによる退場だったからですかね。(武藤の交代も怪しいところ)
ともかく、大宮とのAWAYゲームに向けて、気持ちを切り替えていきましょう。

| | コメント (0)

2017/04/24

関根も凄いが

本日発売のエルゴラ。
対札幌戦のMOMは関根でした。評点は6.5。
得点した興梠・ラファエルも6.5も同評価でした。
関根あたりが活躍してくれると非常に嬉しい限りです。右でも左でもできるから。

それ以上に高評価だったのは磐田の中村俊輔選手の7点。ちなみに名波監督も7点。
鹿島を叩いてくれたのは自分も高評価です。

関根も凄いが俊輔も凄いですね。

| | コメント (0)

2017/04/23

対札幌戦:内容は引き分け。いや、負けかな。

浦和3-2札幌
得点者
20分 ラファエル・シルバ
34分 兵藤慎剛
40分 関根貴大
74分 興梠慎三
87分 福森晃斗
観衆 36,880人
P4220028

この試合、ゴール裏はハバネロから始まりました。

試合については、BS1やテレ玉でも生中継があったので省略します。

この試合については、もう少し楽できるかと思いましたが、なかなか上手く行きませんでした。上手く行かなかった理由は、興梠のシュートが決まらなかったことでしょう。
前半15分のループシュートしかり、後半22分のクロスバー直撃のシュートしかり。まあ、惜しかったのは間違いないのですが。
何と言っても試合後、内容が悪かったのを忖度したのか、興梠や阿部などの一部の選手は歌わずにロッカールームに帰ろうとしたくらいですから。
これを考えると昇格した札幌に対して内容が悪かった、ということを端的に表していると思います。試合には勝ったけど、内容は引き分け、むしろ負けというのが選手たちの感想なのでしょうね。
攻撃陣は3点取ったので良いかと思われますが、守備陣が良くなかったところでしょう。1失点目はオフサイドみたいな感じになったけど、どうなのしょう。オフサイドの取り損ないなのかもしれませんが。あの失点後、バックスタンド側の副審に槙野が抗議していましたが、イエローをもらわなくて良かったですよ。主審まで駆け寄ったから、あんまり酷いとどーでもいいカードもらっちゃいますから。自重してほしいです。
P4220038

ともかく、内容が悪くても勝ち点3を積み重ねた。こういう事が大切ですよ、ホントに。

| | コメント (0)

2017/04/18

特長だせず

FC東京戦におけるエルゴラッソでの評点。
特長を出せなかったという理由で、菊池が5点という評価でした。
負けた瓦斯の選手の中でも低い点だっただけに、エルゴラ菊地記者の期待を込めての評価だと思います。
いつも評価が悪い森脇が6.5となかなかの評点だったのには、良い傾向ではないでしょうか。
そうそう、MOMは得点を決めた興梠(7.0)でした。

| | コメント (0)

2017/04/17

対FC東京戦:結果を出す

FC東京0-1浦和
得点者
15分 興梠
観衆 38,248人
P4160015
今回は味スタのバックスタンド上部で観戦。
やっぱり4万人近く入ると結構入っている感じになります。

さて、試合ですが、簡単に。
先発で菊地が右サイドで先発しました。
良く言えば、がむしゃらにスプリントをしていました。(悪く言えば、空回り)自分はかなり頑張っている印象がありましたが、いかんせん点に絡むこともなく、後半早々に関根と交代になってしまったのは残念でした。今後チャンスがあるかどうかわかりませんが、頑張ってほしいです。昨シーズンの駒井もフィットするのに時間かかりましたから。

先制したカタチは良い感じです。
ラファエル・シルバからのパスを受けた興梠が体勢が崩れながらもゴールを決めました。この2人のコンビネーションはまだ成熟しそうな感じがするので、この2人の息が合って来たら、どんな攻撃のバリエーションが出てくるのか楽しみになります。

この試合、決定的なチャンスは瓦斯の方が多かったのですが、それをしっかり0に抑えた守備陣は良くやったと思います。
ゴールポストに2回助けてもらいましたが、それでも無失点は無失点。
内容がさほど良くなくても、それなりの結果を出してしまう。
良い傾向だと思います。

P4160021

ただこの連戦。選手たちには少し応えた感じがしたので、しっかりリカバリーして次節に向かってほしいです。

| | コメント (0)

2017/04/11

グループ首位

ラファエル・シルバが決めて、西川がPKを止めて、1-0で勝利!
こんなゲームが火曜日のナイトゲームとは、いやはや残念です。
ちゃんと動く映像はGGRまで無理かな?
これでグループ首位。良い感じになってきましたよ。

| | コメント (0)

2017/04/07

対仙台戦:大勝

浦和7-0仙台
得点者
20分 興梠慎三
27分 興梠慎三
29分 武藤雄樹
45+2分 興梠慎三
47分 李 忠成
65分 オウンゴール
90+2分 柏木陽介

今回は帰宅途中、電車内でDAZN観戦。

この試合、言いたいことがあとから出てきそうです。
そんな中でも、本日中に言いたいことを3つに絞ろうと思います。

まず1つ目。
攻撃陣が好調でした。
この試合、興梠が前半だけでハットトリック達成。圧巻でした。
前半20分、関根からのクロス(これが切り返して良いもの)を興梠がヘディングで先制。
2点目のふかすかも、と思われた得点、4得点目のPKといい、調子は良かったと思います。
武藤の3点目も良いゴールでしたし、李のゴールは完全に仙台の後半へかける思いをしっかりとへし折った良いものでした。

2つ目。
今シーズンのリーグ戦、しっかり無失点で抑えたこと。
危ない場面も見られましたが、西川をはじめとする守備陣が守り抜いてくれました。文化シャッター様もご満悦のことだと思います。

最後に3つ目。
関根が前半40分に負傷交代したことが、非常に気になります。
あれだけキレキレの動きをしていたので、そんなに休まずに復帰できるかが気になります。

大勝した後の次の試合が重要です。
しょっぱい試合にならないようにしてほしいです。

| | コメント (0)

2017/04/04

非常に不愉快

ラモス氏が記者会見を開いたそうで。
脳梗塞から復帰してリハビリ中とのこと。ともかくここまで回復したのは良かったと思います。
ただ、記者会見で気になることを言っていました。
なんだかレッズの監督をやりたいとかほざいています。
正直、言論の自由が保障されているので、勝手に言っても良いのですが、非常に不愉快な気持ちになりました。
ネタでも言ってほしくないです。
監督やっていたようですが、上手く行った試しがないような。
松木氏と一緒に解説でもやっていれば良いのに。

| | コメント (0)

2017/04/03

7点

今日発売のエルゴラッソ。
高評価はやっぱり柏木でした。評点は7でした。
レッズの選手たちは軒並み6か6.5でした。快勝すると評価も上がりますね。
柏木と同じ評点7を得たのがミシャ監督でした。
ハーフタイムに大きな声で叱責したのと、武藤に交代して駒井を入れてボランチで使ったのがドンピシャではまったのが評価されました。
やっぱり選手交代は大切です。

| | コメント (0)

2017/04/01

対神戸戦:2ゴール1アシスト

神戸1-3浦和
得点者
61分 柏木陽介
64分 遠藤 航
81分 中坂勇哉
92分 柏木陽介

今回は家のPCでDAZNで観戦。
今回も画像が止まるなどのトラブルはなかったです。やっぱりネットワーク環境によって左右されるのでしょうか。

さて試合ですが、前半はボールキープはしているのものの攻撃がなかなか上手く行かなかった印象があります。
シュート数自体は神戸の方が多かったんですが、それほど怖い印象はなかったです。
前半35分にあった興梠のシュートが惜しかったくらいかな。

後半開始しても、レッズは攻めるけど上手く行かない感じ。
そんな中、後半14分にミシャ監督が動きます。武藤に代えて駒井を投入。駒井をボランチに入れて柏木を上げました。
その柏木が活躍します。
後半16分、3人のマークに囲まれながらも、柏木が左足でのゴールを決めてレッズが先制します。
その3分後、柏木がメイン側からのCKを遠藤がヘディングで決めて-とレッズがリードを広げます。
これで安泰かと思いましたが、レッズが左サイドでパスミス。これを神戸の中坂に決められて1-2となってしまいます。
ここからハラハラしましたが、後半アディショナルタイム、カウンターが炸裂。
宇賀神のクロスを柏木が右足で押し込み1-3とし、神戸が万事休すとなり、そのまま試合終了。

正直、柏木がここまで良い状態だったのには驚きました。
前節のガンバ戦で遠藤封じ込め作戦ではなかなかの活躍でしたが、ここまで上手く攻撃に参加できるとは思いもしませんでした。2ゴール1アシストですからね。

これで神戸の連勝をSTOPしました。
良い仕事を選手・スタッフの方々にはしていただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧